インプラントの流れ

インプラント治療の流れ

01問診

インプラント治療を行う上で、障害になりそうなものを事前にチェックします。またインプラント治療は外科処理ですから、やはり患者さんの体調を十分把握しておく必要があります。例えば長く糖尿病を患っている方だと、傷の治癒が遅れる可能性があるので、骨とインプラントがうまく結合しないケースが出てきます。それ以外にも心臓に疾患のある場合は麻酔管理をよりいっそう慎重に行う必要があります。

↓

02口腔内検査・歯周内検査(歯周内科)

虫歯、歯槽膿漏、歯周炎の有無を調べます。また歯以外でも粘膜や骨など、肉眼でチェックできるものはすべてチェックして、口腔内の状態を把握します。治療の前にある程度の虫歯、歯周病、歯槽膿漏の治療を行います。これは感染を防ぐためには必要です。

↓

03レントゲン検査・CT検査

インプラント治療において顎の骨の量と質を調べることは非常に重要なポイントです。

↓

04カウンセリング

検査の結果をご説明して、最良の方法で治療できるようにすすめていきます。

↓

05口腔を消毒後、麻酔をかける

器具や施術者も十分消毒して、感染源を排除します。麻酔は表面麻酔や電動麻酔を使用することでまったく痛みを感じることもなく、確実に効いてきます。モニターで血圧や血液中の酸素濃度、脈拍などを監視するので安心です。

↓

06骨に孔を形成し、インプラントを埋入

歯肉を切開して、歯槽骨を露出させます。ドリルを使ってその骨に孔をあけ、インプラント(フィクスチャー)を埋め込みます。最後に歯肉を縫い合わせて、第一次治療は終了します。

↓

07第一次治療後の治癒期間

器治療後、歯肉や頬が腫れることがあります。これは内出血によるもので、うっすらと頬や顎に赤紫色のおおあざが出る人がいます。しかし、1週間ほどで元の状態に戻りますから、必要以上に心配することはありません。ほとんど痛みを伴わないのですが、多少感じる人もいます。痛みが強い場合は痛み止めを服用すれば治まるはずです。ただ治療後、数日間は抗生剤や炎症を抑える薬を飲む必要があります。 第二次治療までの治癒期間は、上顎で4~6カ月、下顎で3カ月ほどです。

□入れ歯は10日後から

総インプランントの場合、治療から約1週間ほどは入れ歯の使用は控えていただくことになります。これは治療箇所に強い刺激を与えると、インプラントと骨の結合がうまくいかなくなることがあるからです。 この期間はなるべく柔らかいもの、例えばおかゆ類やめん類、牛乳とパン類などを食べていただくことになりますが、数本入れただけなら天然歯を使って普通の食事をしていただいてもかまいません。 7~10日後には抜糸を行いますが、まだ治療した部分は完全に安定した状態になっていないので、入れ歯を使い始める頃に入れ歯の調整で数回来院していただく場合もあります。その後の通院は基本的に必要ありません。

↓

08第二次治療

インプラントがうまく骨に結合したら、インプラントと人工歯をつなぐアバットメントという支台を装着する第二次治療を行います。アバットメントを取り付け終わったら、治療は終了します。インプラント人工歯をつくる段階に進みます。(2回法の場合)
上部構造の作製と装着上部構造を取り付ける冠やブリッジと呼ばれる、かぶせもの(補綴(ほてつ))の各プロセスは、それぞれ1週間程度の時間がかかります。補綴全体にかかる期間はおよそ2週間前後です。インプラントの補綴作業は基本的に入れ歯をつくる作業と似ていますが、はるかに精密さが求められるので、十分な時間が必要とされるのです。

↓

09噛み合わせの調整

次に実際に使ってもらって、噛み合わせの状態を調整していきます。1、2週間ほど具合をみて、噛み合わせが悪いために人工歯冠が欠損したり、土台に緩みがないかなどを調べます。噛み合わせが悪いときは、人工歯冠を削って調整することもあります。

↓

10完成

すべての土台に緩みがなく、ほかにも問題箇所がないと判断できたら、しっかりとネジをしめます。これで補綴は終了です。

1回による手術

埋入したインプラントの上部を歯肉の上に出したまま、インプラントと骨との結合期間をおく方法。
フィクスチャ―(インプラントと骨との結合部分)とアバットメント(人工歯冠を取り付ける部分)が一体となっているワンピース・インプラント(単品)を埋入する手術です。従って、口腔内にアバットメントが露出します。

下顎で骨欠損(吸収)が無い時や骨が硬い時、また歯肉が薄い時など。

2回による手術

これは基本的な手術法です。インプラントを顎に埋入したのち、歯肉で完全に覆い、インプラントと骨との結合する期間を待って、2回目に歯肉からインプラント上部を露出する方法。
フィクスチャ―とアバットメントが別々になったツーピース・インプラント(2つの部分からなる)を1回目の手術でフィクスチャ―を骨に埋入し、完全に歯肉で覆います。その後、オステオインテグレーションが獲得された時点で、2回目の手術でフィクスチャ―の上部ネジを外し、アバットメントを取り付けます。
なお、ツーピース・インプラントは1回目の手術にアパットメントを取り付ければ、1回法手術になります。

歯欠損(吸収)がある時、骨移植した時、骨が粗造およびやわらかい上顎。

ソケットリフト

一般に電気ドリルを使ってインプラント埋入ホール(穴)を形成しますが、骨が軟らかい上顎骨や骨が痩せて細くなった部分(上・下顎とも骨の幅が狭い部分)では、骨を削らないために骨ノミを使ってインプラント埋入ホールを形成します。骨質の状態によっては、この方法を用いることで外科的侵襲が軽度で、安全です。
上顎臼歯部の場合は、ソケットリフト法を選択します。上顎洞の底部分が下がっている場合、インプラントが洞内に突き抜けないように特殊な骨ノミを使って、埋入ホールを作るとともに骨を圧縮しながら、上顎洞底を上げる。

メンテナンス

メンテナンスの基本は毎日の歯磨き

インプラントのメンテンナンスで一番大切なことは、やはり自分の歯のときと同じように毎日歯磨きすることです。毎食後にきちんと歯磨きをして、プラークコントロールする必要があります。これはインプラントでも歯槽膿漏と同じような症状を起こすことがあるからです。インプラントは虫歯にはなりませんが歯周病にはなります。

毎日の歯磨き

定期健診

定期健診も忘れずに

インプラント治療が終わった後は、まず1ヵ月後に定期健診があります。
最初の1年はまだ骨が固まっていく過程にありますから、その後も3ヶ月ごとにチェックを受けることが大切です。
定期健診では、インプラントの清掃状態や歯茎の状態、噛み合わせの様子などを見ます。良い機会ですから、歯の磨き方や手入れの仕方等、インプラントについて日頃から気になっていることを検診のときに歯科医師に相談されるといいでしょう。

お気軽にお問い合わせください 052-784-0418 診療時間 9:30~13:00 14:30~19:30(土~17:30)

ページの先頭へ