インプラントとは?

インプラント治療は人工歯根治療法ともいわれ、歯の抜けた部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を入れて支柱とし、その上に支台部(アバットメント)と人工の歯をしっかりと固定する治療法です。

インプラントは生体との親和性が高いチタンという金属で造られています。チタンは長年の基礎的、臨床的研究からインプラントの材料として最適であり、また顎の骨としっかりと結合することが確認されています。インプラントが顎の骨としっかりと結合すれば、その上には取り外す必要のない丈夫で安定した歯を作る事ができます。
インプラントは、人工歯根の部分と、その上のかぶせる部分は別々になっています。

インプラントとは?

人の歯は、歯冠と歯根からなっています。
歯冠は口の中に出ている部分で、歯根は骨の中に埋まって、歯自体を支えています。それぞれの健全な歯はお互いに接触しながら弓形に並んでいます。これを歯列といいます。

物を噛むときの力(噛合力)は自分の体重ぐらいに達します。それぞれの歯は歯列をなすことで、それらが大きな力をお互いに分散させて支えているのです。

もしあなたが、不幸にして歯が無くなったらどうしますか?

インプラント治療は失われた歯を人口の歯、すなわち人工歯根臓器を移植して再生させる治療法です。古くから研究が重ねられ、現在の材質や形、手術法が開発されました。
今日までに多くのインプラントシステムが臨床応用され、信頼度が高い“歯根型”インプラントに進化してきたのです。

インプラント症例

材質は生体親和性の高いチタン製金属で、各システムはメーカーによって骨と強固に結合しやすいように特徴的な表面構造と表面処理が施されています。形態は大きく分けて次の3つのタイプがあります。

タイプ1シリンダー型,タイプ2スクリュー型,タイプ3スクリュー付歯根型

これらの中から患者さんの欠損部位に最も適したサイズと形態のものが選択されます。

iCATナビゲーションシステム

iCATナビゲーションシステム

iCATとは、コンピュータ上で、インプラントの埋入位置をシミュレーションするソフトウェアです。研究用模型とCTデータを合成することで、金属アーティファクトのないクリアな3D画像を実現しました。
iCATダイアグノーシスソフトは、より安全性の高いインプラント治療の実現をサポートします。

特徴について

  • 骨移植シミュレーション 骨移植シミュレーション

    骨採取する骨量を測定可能
    サイナスリフトやベニアグラフトなどにおいて、レシピエントサイトの骨欠損のみならず、骨採取するドナーサイトの骨量計測も行えます。

  • 研究用模型の合成 研究用模型の合成

    金属アーティファクトのない3D画像の実現
    研究用模型またはCTテンプレートをデータ化し、顎骨CTデータと合成することで金属アーティファクトのないクリアな3D画像を実現。
    インフォームド・コンセントにも最適です。

  • インプラント断面 インプラント断面

    意図的傾斜埋入をインプラント断面で診断可能
    インプラント体を中心とした断面が回転する事で、隣在歯との相関やインプラント周囲の骨量と骨質を精度高く診断できるため、より安全な治療計画が立案可能です。

  • バーチャル咬合器 バーチャル咬合器

    咬合平面を修正
    頭位・顎位が傾いた状態でCT撮影された場合でも、お預かりした研究用模型を用いることで咬合平面を水平に修正します。
    また、研究用模型の外形が画像内に2D表示されているため、対合関係の診断が可能です。

  • 骨質のカラー表示 骨質のカラー表示

    ハンスフィールドユニット(CT値)によって骨質が診断可能 各2D断面をMischの分類(1993)に応じてカラ―リング表示できます。
    インプラント断面を回転させながら、安全かつ骨密度の高い位置への埋入シミュレーションができます。

お気軽にお問い合わせください 052-784-0418 診療時間 9:30~13:00 14:30~19:30(土~17:30)

ページの先頭へ